【探偵】調査方法を徹底公開!

自分のパートナーの浮気かもしれない、長年行方不目になっている家族を探したい、子供が学校でいじめにあって苦しんでいる、結婚相手がどんな人なのかちゃんと知りたい、こんな風に世の中には真実を知りたいこと、知らなければならないことが人によって数多くあります。
どんな目的でどんな調査をしたいのかは人それぞれの事情によって変わりますが、例えばパートナーの浮気が疑われるような行動が感じられて苦しいとき、真実を知りたいと思っても自分ひとりで調査をしようとするのはかなり危険も伴うし大変なことです。
しかも素人が探偵を真似てみても、結局何の成果もあげられない可能性もあるのです。探偵はプロならではの調査方法によって確実に真実を見つけてくれる存在です。この記事では探偵がどのような調査をしてくれるのか、実際に調査によって明らかになる事実を紹介していきます。

目次

探偵が行う調査方法

”探偵

探偵が依頼される仕事で最も多いのが浮気調査だといわれますが、実際にはもちろんそれ以外の様々な調査の依頼をすることが出来ます。
調査対象が明らかな場合とそうではない場合とでは調査方法も違ってきますが、一般的には探偵は尾行や張り込みなどをはじめとする調査方法やデータ調査などによって個人を特定するといった調査方法やテクニックを駆使し、依頼者の希望に副った内容に関する事実を突き止めることを行います。探偵が行う調査方法をそれぞれ紹介していきます!

尾行調査

調査対象者を確認したら、本人に見つからないように後を追うことで、まずは調査対象者の行動パターンを把握することからはじめます。尾行調査に当たっては移動方法は徒歩だけでなく、自転車だったりバイクや自動車で移動するなど、調査対象者の行動にあわせて必要に応じて様々な乗り物を駆使して行います。
相手にあまり近づきすぐれば怪しまれるし、離れすぎれば見失うリスクを伴うため、単純に相手の後ろからついていくだけでなく、常に状況を察知してその時々にあわせて臨機応変に行動することが求められます。また、相手がとても用心深く、少しでも尾行に気づかれたのを感じられるときは、場合によってはその日の尾行を中止することもあります。

張り込み調査

尾行をしている最中に調査対象者が建物の内部に入った場合、再び出てくるまで張り込み調査を行います。例えば浮気相手の自宅だったり、ホテルや旅館などの建物に対象者が入ったのを確認し、何時何分に出てきたかを張り込み調査によって確認することで、浮気の事実を確認する重要な手がかりをつかむことに繋がるケースも少なくありません。
張り込み自体はごく短時間で終わることもあるし、長い時間に及ぶケースもあります。調査対象者に気づかれることなく張り込みをすることはもちろんですが、長時間に及ぶ場合には近隣の住民に怪しまれることのないように事前に周辺状況を確認したうえで細心の注意を払って行います。

聞き込み調査

調査対象者と関係のある人物などから直接話を聞くのが聞き込み調査です。でも一般的には探偵と名乗ると気安くいろいろな話をしてくれる人はほとんどいないので、何気ない会話の中で欲しい情報を上手く引き出すための工夫をすることが求められます。
たった一回話すだけで欲しい情報が確実に手にはいることはまれで、場合によっては話を聞きたい人のところに何度も出向いて信用を得たり、派遣する探偵の年代や性別に工夫するなどの対応を行います。
そして最も大切なのが調査対象者自身に聞き込み調査をしていることがばれてしまわないようにきちんと口止めをすることです。

データ調査

データ調査というのは実地の調査を行うのではなく、個人や法人の基本的な情報からインターネットでの検索をはじめ、各種名簿や電話による聞き込みなどの各種手法を用いて必要な情報を確認する調査方法のことです。
人員の必要な実地調査よりも費用負担が軽く、全国での調査が可能なところがメリットで、原則としては調査していることが調査対象者に知られることはまずありません。
データ調査によって出来ることとしては対象者の住所を調べる、家族関係や勤務先などを調べる、金銭問題や信用状況などを調べるといったことが可能です。

探偵の調査で明らかになること

探偵 調査方法2

調査対象者の素行調査などをすることで、様々な事実を明らかにすることが出来ます。明らかにできる事実をケースごとに紹介していきます。

浮気調査の場合

例えば夫の浮気が疑われる依頼なら、対象者の行動パターンを確認してから、まずは浮気の可能性が高いタイミングで尾行調査を開始します。勤務先からそのまま浮気相手と会う可能性が高いときには対象者の勤務先付近で張り込みをし、浮気相手と待ち合わせをする現場を確認してから尾行します。
そのまま浮気相手の自宅やホテルなどの部屋にはいるところを確認し、ホテルならチェックアウトをするまで張り込みを行います。その事実を全て写真に記録し、浮気の証拠として依頼者に提出します。
裁判などに発展する可能性があっても、その写真が動かぬ証拠として大きな効力を発揮するものになります。

人探し・家出調査の場合

家族が家出や行方不明になったときの調査は、その理由によっても異なりますが、対象者の行き先を予測することが不可能で自力で探すのは困難な場合が少なくありません。探偵事務所ではごく些細な手がかりから対象者がいると予測される地域の情報を手にいれ迅速に行動して調査することが出来ます。
ただし行方不明になってから時間が長く経過するほど手がかりや物的証拠などが少なくなり調査に時間がかかることに繋がるので、なるべく早い段階で相談することがより高い発見率に繋がります。

まとめ

世の中には知らなくても良い真実というのも確かにあるのかもしれません。でも、事実を知ることを恐れて辛い日々を送ったり、逆に事実かどうかもわからないことで大きな騒ぎを起こして結果的には全くそんな事実がなかったことで様々なものを失うこともあります。
だからこそ、もしかしたら・・・という思い込みに苦しめられる日々から一日も早く開放されるためにも心配なことがあるときには信頼できる探偵事務所などに相談することが大切です。
事実を確認するのはとても勇気のいることです。ましてごくプライベートな事柄を誰に相談すればよいのかわからず、途方にくれているなら迷わず探偵などのプロに相談することが悩みの解消のための第一歩になることでしょう。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる