【浮気・不倫】離婚にもやり直しにも使える証拠と集め方は?

目次

あなたの証拠、本当に使えますか?

あなたの証拠、本当に使えますか?

あなたの証拠、実は法的には有効ではないかもしれません

浮気の証拠は2種類あり、相手に浮気を認めさせるのには役立つ証拠と、法的に有効な証拠があります。

法的に使える証拠・使えない証拠の違いは何か、使える証拠はどのように集めればいいのか、お教えします。

これで安心していませんか?実は使えない浮気の証拠

浮気の証拠をチェック

あなたが切り札として持っているパートナーの浮気の証拠は以下のリストに当てはまりますか?
実はあなたが持っている証拠は、全くと言っていいほど法的な効力がないかもしれません。
以下のリストでチェックしてみましょう。

  • 浮気相手とのメールのやりとりや通話履歴
  • シティーホテルのダブルルームの領収書
  • 浮気相手とのツーショット写真
  • ラブホテルの領収書

実はこれらの証拠は、相手に浮気を認めさせるのには役にたっても、法的に有効な証拠としては使えません。

つまり、パートナーとの言い合いで浮気を認めさせることができても、その後裁判を迎えた時や法的な手続きを踏む場合にパートナーの浮気を立証することができないのです。

法的な場では法的に有効な証拠が必要になります。

どんな証拠だと浮気を立証できる?

それでは、どのような証拠が浮気の証拠として有効なのでしょうか。
結論としては、不貞行為があったことを示す証拠が必要になります。

不貞行為とは?

不貞行為とは、簡単に言えば浮気相手と肉体関係を持つ行為のことです。
浮気相手と性行為や性交類似行為(オーラルセックスや同性愛行為などの下半身が伴う行為)があった場合、法的に離婚の原因に該当します。

民法第770条では、「 配偶者に不貞な行為があったとき」に「離婚の訴えを提起することができる」と定められています。

つまり、法的にパートナーの浮気を立証するためには、パートナーに不貞行為があったと示せるものが証拠として必要になります。

では、具体的にはどのような証拠があるのでしょうか?

不貞行為を示す証拠とは?

不貞行為を示す証拠とは?

上記で述べたように、法的に有効な浮気の証拠としてはパートナーに不貞行為があったことを示すことが必要になります。

以下の証拠はパートナーの浮気を立証するものとして非常に有効でしょう。

3回以上のラブホテルへの出入り写真

ラブホテルに2人で出入りしていることが明確に分かる写真が3回分以上あると、浮気相手と肉体関係を持っていたことが証明できるので非常に有効です。

また、継続的な関係を持っていることが証明できると、より悪質なケースだと認められます。

反対に、一度のみの利用で不貞行為があったことは証明できるかもしれませんが、離婚裁判では負けてしまう可能性があります
ラブホテルは一般的に性行為を行う目的で使われるものと考えられてはいますが、一度のみの利用だと「休んでいただけ」「泊まる場所がなくなってしまった」などの理由も考えらえるからです。

しかし、その一度の不貞行為が目的で婚姻関係が破綻したと考えらえるケースには、「婚姻を継続しがたい重大な事由」として扱ってもらえる可能性もあります。

40分以上のラブホテルへの滞在

ラブホテルに出入りしているとしても、性行為を行うのに充分な状況が認められなければ、不貞行為があったとは認められ難いので、相当時間の滞在時間が必要になります。
一般的には、40分以上の滞在時間があると不貞行為があったものとして認められます

複数回互いの家に出入りする写真

互いの家も不貞行為が行われる場所として考えられます。
1回分ではなく複数回分の証拠があることで、パートナーと浮気相手が肉体関係を持っていることを証明することができます。

相手が浮気を認めた証拠(ICレコーダーなどでの音声データ)

夫婦間の会話をICレコーダーなどで録音し、そこにパートナーが自分の不貞行為を認めるような内容が録音されていると強力な証拠になります。

ちなみに、この音声は裁判では再生されず、音声を誤りなくして文章として提出する必要があります。

離婚するにしてもやり直すにしても証拠は絶対手に入れるべき

証拠は絶対手に入れるべき

以上のような法的効力を持つ浮気の証拠は、離婚をするにせよしないにせよ、絶対に手に入れるべきです。
理由は、浮気の証拠があると慰謝料を請求できたり、優位な条件で離婚できたりするからです。

また、浮気の証拠があることによってパートナーとやり直すという選択をした場合にも、あなたを助けることができます。
浮気の証拠はどのような発揮するのでしょうか。

浮気の証拠があれば慰謝料など優位な条件で離婚できる

もしもあなたが浮気をしたパートナーと離婚をしたいのにできないという場合、パートナーの不貞行為を示す決定的な証拠があれば、有無を言わさず離婚に持ち込むことができます

また、その証拠は後に慰謝料請求をする際にも効力を発揮します。

初めは浮気を認め離婚や慰謝料の支払いに応じる姿勢を見せたパートナーでも、後で裁判に持ち込んだ場合に証拠がなければ、不貞行為があったことを示せないためにトラブルになったり長引いたりすることもあります。

パートナーとやりなおす場合にも、浮気の証拠はあなたを助ける

離婚せずにパートナーとやり直すというような場合でも、浮気の証拠はあなたに「精神的な余裕」を持たせることができます。

もし浮気を乗り越えてやり直す場合でも、パートナーに「離婚しよう」と言われた時に、あなたが持っている証拠を以ってその要求を断ることができます。

夫婦の一方に不貞行為があった場合はもう一方が離婚を要求できるのですが、浮気をした側にはその権利がないのです。

浮気の証拠は3年間有効なので、精神的な余裕を与えるという点で浮気の証拠はあなたの助けになります。
また、離婚する場合もしない場合も、パートナーや浮気相手に慰謝料の請求ができます。
そのためにも、浮気の証拠は絶対に手に入れておくべきです。

浮気の証拠を自分で集める方法

浮気の証拠を自分で集める方法

浮気を証明するには不貞行為があったことを示す証拠が必要だということがわかりましたが、それらををどのように集めればいいのでしょうか。

ここで具体的な方法をご紹介します。

パートナーの持ち物をチェックする

カバンの中、ポケットの中、机の引き出しの中など、チェックすべきところは色々あります。
レシートや旅行のチケット、避妊具など色々出てくるかもしれませんが、法的に使える証拠が出てくる可能性はあまり多くありません。

ただし、パートナーのアリバイを確かめるのには有効ですし、他の行動を裏付ける証拠となり得ることもありますので保管しておきましょう。
「ラブホテルのレシート」が出てきたときは必ず取っておいてください。

また、手帳などで予定を確認することで、浮気相手と会う可能性の高い日時や曜日を推測できるかもしれません。

クレジットカードの明細をチェックする

クレジットカードの明細を確認すると、他の持ち物同様パートナーの行動のアリバイを確かめることができます。
また、ここからもパートナーの行動を推測できることもあるので、確かめられるようであれば見て、プリントアウトしておくとよいでしょう。

メールやLINEのメッセージをチェックする

「愛してるよ」「また会いたい」などの文面では、不貞行為があったことは証明できませんが、これもパートナーのアリバイを確認することができます。

もしも「ベッドで二人で裸で横たわっている写真や動画」などがあれば、不貞行為があったことの証明になりますので、自分のところに転送しておきましょう。

尾行し、ラブホテルに出入りするところを撮影する

ラブホテルに出入りする写真を撮影すれば、不貞行為があったことの証明としてはかなり強いです。ただし、二人の顔が鮮明に写っている必要があり、一度だけだと法的には不十分として認められないことが多いので複数回撮影する必要があります。

やはりプロに任せるのが確実

プロに任せるのが確実

上記で浮気の証拠を自分でめるやり方を紹介しましたが、非常に困難でバレてしまうリスクが高いことがおわかりいただけたと思います。
その点、浮気の証拠集めはプロに任せる方が確実です。

自分で証拠を集めるのは、実は結構難しい

パートナーの持ち物をチェックするのって結構勇気が要りますよね。
いざ浮気の証拠らしいものを見つけても、ショックでレシートを破いてしまったり、冷静さを失ってパートナーを問い詰めてしまったりと、浮気を疑っていたことがバレてしまいます

また、せっかくパートナーと浮気相手の密会の予定を割り出してラブホテルに出入りする様子を撮影するまでに至ったのに、やはりその光景を目の前にすると手が震えてうまく撮れないこともあります。
せっかく撮影しても二人の顔が鮮明ではなかったりすることがあるでしょう。

浮気の証拠集めがバレてしまうと

あなたがパートナーの浮気を疑っていることがバレてしまうと、もっと警戒されてしまい、次の浮気の証拠を集めるのが非常に困難になります

証拠が掴めないうちにパートナーから離婚を切り出されてしまったり、離婚することになっても慰謝料を請求できなかったりしてしまうのです。
反対に、パートナーに不貞行為があったことを証明するものがあれば、パートナーからの「離婚の切り出しを防ぐ」ことができます。

探偵に証拠集めを依頼するメリット

探偵に何かを依頼する機会はそうそうないので、最初は不安でしょう。
しかし、浮気調査・証拠集めのプロに任せることによって、法的にも有効な証拠が確実に手に入れられる可能性が非常に高くなります。

お金はかかってしまいますが、第三者である調査のプロに証拠集めを任せることによってバレるリスクを負わずに証拠を集めることができます

また、自分で動く必要がないので、スケジュールを調整する必要や精神的な負荷を負う必要がないことも大きなメリットと言えるでしょう。

探偵事務所や興信所にパートナーの浮気の調査を依頼し、その結果クロと出た調査報告書も法的に有効なので、有力な証拠としてあなたの手元に保持しておけます。

まとめ

浮気の証拠に必要なものと集める方法、ご理解いただけましたでしょうか。

パートナーに浮気を認めさせる証拠と法的に有効な証拠は違います。

今後離婚をするにせよしないにせよ、また慰謝料請求の為にも浮気の証拠は絶対に手に入れるべきです。

あなたの持っている証拠で本当に不貞行為が証明されるかどうか今一度確認しましょう。

使える証拠ついての疑問

法的に有効な証拠とは?

不貞行為があったことを示す証拠です。そのため撮影にはいくつかのポイントがあります。

なぜ証拠が必要?

浮気の証拠があると慰謝料を請求できたり、優位な条件で離婚できたりするからです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる